土地の値段は何で変わる?

土地の価格はどのように決まるのか?土地の値段の付け方。 - 土地の値段は何で変わる?

土地の値段は何で変わる?

土地の売買といっても、日常生活の中では頻繁に行われることではありません。
ですから、その知識をといってもなかなか難しいものです。
今回は、基本的なものの1つともいわれている「土地価格はどのようなところで決まるのか」という点について考えていきましょう。
査定を依頼する際や売却を考えているという方においても参考にしていただけるかと思います。

自然的な要因について

要因はいくつかあるのですが、その1つに「自然的な要因」があるのです。
査定が高くなりやすい土地というものは、比較的に平坦であることや、水害に強い地盤が好まれます。
逆に価格が下がりやすいのが、崖の近くの土地・液状化の恐れがある土地などは敬遠されがちです。

社会的な要因について

こちらは、用地としての需要の増大を支えているかなどということです。
この社会的要因は時代によって変わってきますので、その時々のよって査定額や売却額というものは大きくことなってくるでしょう。
実際に売買を考えておられる方は、そのタイミングを考慮していただくと、その価格も満足できるものに近づけられるでしょう。

経済的な要因について

土地の場合の経済的要因を考えたとき、それは「経済構造」によってその需要が変わってきます。
すなわち、需要によって価格も変わってくるということになるのです。
具体的にいえば、首都圏は24時間活動する場所といえます。ですから、オフィスやコンビニエンスストアなどの用地として利用できる土地は需要が増大します。
ということは、そうした土地を所有しているという場合は高い査定額や売却額が決定するということがいえるのです。

行政的な要因について

ytydこちらは、土地利用の寄生もしくは税制によって土地価格が決まっていくことを言います。
ですから、この部分においても安定的というのではなく変化をするものであると捕らえておくと良いでしょう。
例えば、市街化調整区として制定されていた土地が、市街化区域に変更されただけで、建築が可能という環境が整うようになります。
可能であれば、その土地の需要が高まり、売却額などが高くなるということがいえるのです。
さらには、住宅地においても時限立法の改正が行われると、駆け込み的な需要が見られ高い売却を望むことができるのです。

一般人には分かりにくい部分

土地価格の決定というものは、たくさんの要因が重複的に絡み合っているということがいえるでしょう。
土地というものはオープン市場が形成されにくく、なかなか把握することが難しいともいわれているのです。
ですので、実際に売却を行いたいという場合には、プロや業者に依頼をして進めていただくことが良いでしょう。
上記のようなものを総合して「不動産鑑定評価基準」と呼ばれることも多く、これらを総合して土地価格というものが決定されているのです。

土地価格の決定には根拠がある

上記のことでもお分かりいただけたかと思いますが、土地の価格が決まるのにはあらゆる側面で見てそれぞれの「根拠」というものが存在しているのです。
ですので、実際に査定や売却をするときにはその根拠を提示してもらう・理解と納得をすることが求められるでしょう。

土地売買などを考えている方へ

今回は、土地価格という部分について焦点をあてていきました。
こうした事柄についての概要を知っておくことで、実際に土地売買したい・査定を依頼したいなどという際にはよりスムーズに進むことと思いますので、認識をしておくと良いでしょう。