パパ活でパパは何人いたらいいの?

パパは何人位いれば良いのでしょうか。パパ活を始めるにあたって何人パパを作ればいいのかわからな人もいるかもしれません。パパ活の達成人数をある程度知っておいたほうがスムーズに見つけることができるでしょう。

会うたびにお金をくれるパパなら

会うたびにお金をくれるパパのことを都度パパと呼びます。都度パパといえども、もらえるお金は違っているのですが、自分がどれくらい時間を作れるか、体力や気力などを考えてパパの人数を考えるといいですし、どれだけお金が欲しいのかによっても人数が変わってくるでしょう。その都度お金をくれるパパで1回あたりの値段がそれほど大きくはない場合には、だいたい4-5人はいたいところですね。1ヶ月に2回ずつあったとしても8万円から10万円になります。都度パパでもし1回あたりの収入が多いのであれば2-3人でもいいでしょう。一回にどれくらいくれるのか、それを考えて見ると良いでしょう。突然パパと連絡が取れなくなったときのために多めにいれば困ることもありません。

都度パパに対して月極パパ

月極は一ヶ月単位でお金をくれる人のことです。1回に大金をくれることもあります。その都度ではなくて1ヶ月単位でお金をまとまった額くれるという特徴があります。パパ活だけで生計を立てているような人は、パパからの支援がなくなれば途方にくれて路頭に迷ってしまうことになりますので、保険で複数のパパを囲っておいたほうがいいかもしれません。パパ活では何人作らなければいけないという決まりは全くありませんので、自分がつくりやすい人数や、欲しい額に合わせてパパを作ればいいでしょう。最初から頑張りすぎる必要もありませんので最初は1人でも十分かもしれません。

関連する記事