土地の値段は何で変わる?

土地の価格はどのように決まるのか?土地の値段の付け方。 - 土地売却の流れについて

土地売却の流れについて

土地の売買については、不動産業者などに任せるという方が多いのではないでしょうか。
一般知識ですと、具体的に進められないということもありますので正しい選択肢かとは思います。
しかし、自らもその認識を持っておくことは重要なことともいえるのです。
今回は、売却をしたいという際のプロセスについて見ていきましょう。

調査をすること

土地に地域的な制限があるか否か。
または、周辺環境の調査です。
こちらは、時代によって変化する要因でもあるでしょう。

価格査定をする

土地そのものの価値はもちろんのこと、取引事例なども含めて総合的な価値を導き出します。
査定ですので、決定金額ではありませんから、実際とは多少価格差が出ることもあるでしょう。

媒介契約締結を行う

「専属委任媒介契約「「選任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があります。
上記のいずれかの方法で契約を締結するのです。

売却活動を行う

続いて、具体的な売却の流れを作り実践していきます。
活動をし、買い主がみつかれば「交渉」を行います。具体的な価格をすり合わせたり相談を重ねていくのです。
そして、納得しあうことができれば契約を成立させ、売却の流れを作っていきます。

引渡し作業

こちらが最終段階になります。登記手続きなどの書類手続きを行い、代金の決済を行います。

流れを把握すること

大きな流れを今回は見ていきましたが、感情的な部分も若干は関係してくるかと思いますので、手順を大切にそして慎重に踏んで、後悔がないように・トラブルが無いように進めていきましょう。
その時々で、業者とも相談をしていくことをおすすめしたいと思います。
査定などは無料で行ってくれる業者も多いので、積極的に取り入れていきましょう。

関連する記事