土地の値段は何で変わる?

土地の価格はどのように決まるのか?土地の値段の付け方。 - 土地を売却するデメリットとは

土地を売却するデメリットとは

土地の売買を行いたいという場合においては、そのメリットについて考えられることも多いでしょう。
もちろん、メリットは重要な部分でもありますが、満足した環境で進めていくためにもやはり「デメリット」について把握しておくことをおすすめしたいと思います。
今回は、土地売却におけるデメリットについて考えていきましょう。

収益性がなくなること

土地売却ということは、当然ながら自らの土地がなくなるということになります。
このことによって、土地から収益を得ていたという場合にはそれがなくなことにもなるのです。

手元にはいる現金について

土地が売却できたという場合においても、その売却額がそのまま現金として手元に残るわけではありません。
他の資産への組み換えのために土地を売却するという方においては、想定外の金額だったという可能性もありますので伸張に行って生きましょう。

譲渡費用の発生

印紙税や測量費用、不動産業者に支払う手数料などが発生します。
これらの金額は微々たる物というイメージがありますが、平均をすると全体売却額の約5%前後に達するということもあるのです。

譲渡税について

譲渡税としての所得・住民税がかかってきます。
売却する土地の機関やその目的は変化するものとなっていますので、不動産に買い換えるという方であれば、買い替え特例が執行可能です。
その税額を大きく下げることも可能ですので対策の1つとして覚えておくと良いでしょう。

デメリットと対策について

今回はデメリットについて触れていきましたが、それらを解消する対策法というものもありますので取り入れていくと良いでしょう。
査定などでまずはその金額をしるというところがはじめてみるのも良いかもしれません。

関連する記事